イベント

カラフル・カフェ、ユース・フォーラム、ユース・カフェ、イベント・カレンダー

 
人種主義との闘い

Open the Gate for All

 On April 22, this Joint Statement of Churches opposing the proposed revision of Japan’s Immigration Control and Refugee Recognition Act, which would expel refugee applicants, was delivered to the Immigration Services Agency with the endorsement of 50 churches and organisations in Japan, and 8 from abroad. Also delivered were several similar petitions and over 100,000 signatures, urging the government to scrap its proposal and to create a refugee and immigration system that respects the human dignity and rights of foreigners in Japan. Please support this effort with your prayers, and by sharing this document with others.

「写真をクリックするとPDFファイルをダウンロードすることができます。」

 
ユース・プログラム

Youth Cafe #26「コロナ危機とアジア系アメリカ人」(Zoom開催)

 日時 2021年6月19日(土)11:00〜13:00

講師 マイケル・ヨシイ さん (米国・合同メソジスト教会 隠退牧師)

*日本語同時通訳あり*

コロナ危機の中、「チャイナ ウィルス」などの表現が広められたことにより、欧米諸国をはじめとする多くの場所で東アジア、特に中国系のの人々に対するヘイトスピーチや、暴力行為が急増しました。アジア系住民の多いカナダ・バンクーバー市では、COVID-19発生から一年間で警察に届け出のあったアジア人に対するヘイト行為の数は、前年の7倍にも及んだと伝えられます。また日本でも、中国系住民へのヘイト行為が増えているのは、事実です。アジア系アメリカ市民として、牧師として、アジア人への差別の歴史を振り返りつつ、今について語っていただきます。

マイケル・ヨシイ: カリフォルニア州アラメダにある日系人教会、ブエナビスタ合同メソジスト教会で32年牧会した引退牧師。教会員とともに、アメリカ国内における人種差別や経済的不平等の問題、LGBTQ+の尊厳に関わる課題などに幅広く取り組んできた。パレスチナにおける人権を擁護する「合同メソジスト カイロス レスポンス(UMKR)」の発起にも貢献。引退後の今は、「フィリピンにおける人権国際キャンペーン(ICHRP)」の国際委員会委員、ヨルダン川西岸のイスラム教パレスチナ人の村を支援する超宗教組織「Friends of Wadi Foquin」の共同議長などを務める。

チラシのQRコード、または下記リンクから、お申し込みください。

https://forms.gle/XR8aG1F2wEx7YcH58

カフェの前日までにZoom情報をお知らせします。


「写真をクリックするとPDFファイルをダウンロードすることができます。」

 
和解と平和のスピリチュアリティ開発

聖書セミナー『コロナ危機の中で〜「ふれあい」と「つながり」を語り合う』

 マイノリティ宣教センターの聖書セミナーのご案内です。

シリーズI「コロナ危機の中で〜『ふれあい』と『つながり』を語りあう」

第一回目は、井形英絵さん(日本バプテスト連盟宣教部主事、当センター運営委員)に発題いただき、語りあいをします。

2020年11月26日(木)午後7時〜8時半

オンラインセミナーです。

参加費無料

申し込み制です。

お申し込みはこちらまで

↓↓↓

https://forms.gle/5TAC2EWk4xNYTyzY7

「写真をクリックするとPDFファイルをダウンロードすることができます。」

 

イベントカレンダー